2015年11月02日

大森御陣・秩父御陣跡、新史料発見

1480年(文明12年)早春、上杉軍の本隊は、秩父の日野要害(熊倉城)にたてこもった長尾景春軍を攻めるため、日野要害を包囲しました。ちょうどその頃、上杉氏が都鄙の和合実現の仲介を果たすという、古河公方との約束実行を遅滞させたため、古河公方が業を煮やして「古河様御変改」すなわち景春軍の後詰めをする動きを見せました。国中(武蔵)はにわかに緊張したので道灌は、先に国中を安泰にしてから日野要害を攻めるよう、本陣すなわち大森御陣の上杉顕定へ進言したのです。しかし顕定は、道灌の提案を承認しませんでした。
「太田道灌状」(1480年)の第26段には、次のように記されています。
「郡内御陣御難儀之時、先被閣日野要害、国中可被成堅固、屋形大森御陣参被申候処、無御承引候」《(秩父)郡内の御陣が御難儀の時、先に、日野要害をそのままにされ、(武蔵)国中を堅固に成さるべく、屋形(顕定)の大森御陣へ参って申しましたところ、御承認ありませんでした》
その後道灌は、新田へ行って所用を果たそうとしたけれども、秩父御陣で顕定から、すぐに日野要害を攻略するよう命令されたので、攻撃を開始して6月24日に落城させました。
0章:口絵:熊倉城址・中央.JPG
(日野要害・熊倉城址、中央の山、道の駅「あらかわ」から)
「太田道灌状」第26段の後半には、次のようにも記されています。
「忠景相談、向新田可越利根川旨、令儀(議)候処、初者致同心、既に日限相定候処、自身者不可出候間、六月十三日秩父御陣参陣、此由申候。長尾孫五郎、相共可罷立旨覚悟候処、当御陣祇候、先日野城落居可急旨蒙仰候間、色々様々心尽仕候故、彼城被討落候事」
《忠景と相談し、新田へ向い利根川を越えようと、打ち合わせていたところ、(忠景は)初めは賛成し、既に日限を定めていたところ、自身は出発できないといってきたので、六月十三日に秩父御陣へ参陣し、此の事情を(顕定に)申しました。長尾孫五郎ともに出発しようと考えていたところ、当御陣へ祇候し、(顕定から)先に日野城攻撃を急ぐよう命令されたので、色々様々心を尽して、あの城が討ち落された事は、これは道灌の功ではありませんか。》
日野要害攻撃にさいして、即断速攻の道灌にしては、いつになく逡巡していました。それはおそらく、親類でもあり旧知の友でもあった景春を最終的に追い詰めることを、道灌はできるだけ後に延ばそうとしたと思われます。
IMG_5795.JPG
(熊倉城址、本郭址の土塁を歩く「荒川・山里自然館ツアーの一行)
第26段に記されている大森御陣と秩父御陣とは、前後の内容から考えて、同一の陣であると思われます。そしてその場所は、秩父市上影森の諏訪神社境内で、顕定はそこで、熊倉城の景春の動きを監視しながら指揮をとっていたと思われます。
  013.JPG
(樹齢700年の諏訪神社の古木)
その地は、荒川と浦山川による崖の上にある要害の地であり、境内を秩父往還道が通っていました。現在も神社の境内に樹齢七百年の巨木があるので、往時は樹木が多数あって大森と呼ばれた可能性があります。武甲山の影がこのあたりまで届いたので影森と呼ばれたそうです。地名の大森と影森が森の字を共有していることは、その関連性を示しています。ここから熊倉城は指呼の間であるから、上杉顕定は熊倉城攻略の対城として、この地を選んだ可能性があります。
江戸時代の文政年間に記されたといわれる「秩父風土記」の古城跡十九か所の項に、上影森が含まれています。近くの下影森に神原(じんばら)と呼ばれる平地があり、「新撰武蔵風土記稿」(1830年)には陣農原(じんのはら)と記されています。
さて最近、この大森御陣跡・諏訪神社説を裏付ける新資料が、秩父市の郷土史家山中雅文氏により提示されました。山中氏は、「絵図に埋もれた本陣土塁」と題するレポートで、秩父市影森の旧家関田家から荒川歴史民俗資料館に寄贈された「明治6年第七月武蔵国秩父郡上影森村地券下調絵図又下絵」等数枚の絵図を解析しています。それによると、明治初期には、諏訪神社東側の神原といわれているところに、長さ南北約300メートル、幅東西約1.5メートルの構築物がありました。また、近年までその近くに、「窪」また「字久保」という地名があり、土塁を作るために土を掘ったところと考えられる、ということです。そして「この構築物は文明12年2月、関東管領上杉顕定が、長尾景春籠る、秩父日野城征伐の拠点として築いた大森本陣の正面を守る防塁(土塁)の遺構と推定いたします」と結論付けています。
IMG_5800.JPG  
(関田家絵図、左側の黒い部分が神原の土塁跡)
大森御陣があったと思われる場所は今、平坦な宅地に整地され、土塁や堀の遺構を認めることはできないものの、神原という地名が、昔のことすなわち陣原であったことを語っています。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: