2016年08月01日

高松城址と日尾城址

1478年(文明10年)7月18日太田道灌は、長尾景春の鉢形城を攻め、秩父へ後退させました。この時景春が秩父の拠点としたのは、「太田道灌状」によると秩父高佐須と日野要害です。秩父高佐須については、ほぼ塩沢城(小鹿野町塩沢)に比定され、日野要害については、ほぼ熊倉城(秩父市荒川日野)に比定されています。しかし日野要害すなわち日野城については、高松城(皆野町下日野沢)説も根強く残り、日尾城(小鹿野町日尾)説もあります。また、「太田道灌状」の秩父高差須と日野要害はともに熊倉城を指すという説もあり、秩父地域での郷土史家の論争はにぎやかです。
ちなみに、前島康彦氏は「大田氏の研究」のなかで日野城の熊倉城説をとり、勝守すみ氏は「太田道灌」のなかで日野城の高松城説をとっています。熊倉城址については、拙著「道灌紀行」にすでに記したので今回は、高松城址、日尾城址の2城址を踏査し、その関連文書、地勢等から様々な蓋然性を考えます。
1.高松城址
埼玉県皆野町で、国道140号線から県道44号線に入り、皆野町森林組合の辺りで西方の山道に入ります。やや進んで高みから下を見ると、眼下に赤茶けた土で覆われた円形の平場が見えます。そこが高松城址です。周囲に山の神山や円錐形の旗塚が見えます。現在、高松城址は入山禁止となっています。高松城は、皆野町下日野沢の北方の高松という地域にあり、城山の下を日野沢川が流れています。日野沢川にちなみ、高松城を日野城に比定する研究者もいました。
「北武蔵名跡志」(1853)の日野沢村の項に、「小地名 龍ヶ谷と云、山は古城跡ありて其麓を根小屋と云、長尾氏の住しは茲にて文明12年(1480)6月24日長尾景春入道伊玄が守処の、秩父日野要害没落とあるも、日野は日野沢にて此所なるべし」とあります。また「新編武蔵風土記稿」下日野沢村の項には「高松城址、村の東にありて登ること凡そ十町にして山上平坦四十間四方許、所々堀切等今猶存せり。鉢形北条氏邦の臣、逸見若狭守の城居なり」とあります。中世の高松城主は明らかではないものの、この城は上杉氏の管轄下にあり、秩父谷から児玉の御岳城へいたる高松筋の始点として、重要な役割を果たしていたと思われます。
高松城址遠望.JPG
(高松城址遠望) 
高松城址は私有地であったため、1974年(昭和49年)珪石鉱山として開発され、今は城址の跡形もなくなっています。削り取られる前の高松城址の写真を見ると、確かに城山の頂上は平坦で広く、すぐ下に深い堀切が写っています。開発される前に行われた総合調査の結果、高松城の各種の遺物は八王子城址出土の遺物に酷似し、その遺跡の造営年代は16世紀代であるとされました。
高松城址.JPG
(削りとられた高松城址)
私たちは最初に、皆野町農山村具展示館の高松城址模型を見ながら、元館長高橋孝久氏の説明を聞いたあと、地元の郷土史家栗原一夫氏の案内で現地へ行きました。
高松城の位置が、複雑な秩父谷に囲まれていて、その来歴もまた複雑であるためか、ここが長尾景春籠城の日野城であったかどうかは、郷土史家の間でも種々の論議が渦巻いています。

2.日尾城址
埼玉県小鹿野町で、国道229号線の黒海土で県道37号線に入り、やや行くと合角ダムへきます。その近くの根小屋という集落をさがし、そこから沢に沿って登ります。巨大な奇石が次々と現れ、秘境の雰囲気を醸し出しています。私は、ここは観光地としてもいいな、とふと思ったものの、今はこんな山奥まで来る人はほとんどいません。牛首峠で丸木の階段を上ると日尾城址の本丸にきます。
「北武蔵名跡志」(1853)の日尾村の項に「鎌倉大草紙に文明12年(1480)6月24日長尾右衛門 尉景春が守所の秩父日野要塞没落とあるも日野は誤にて日尾なるべき歟」とあります。日尾城は、鉢形北条家の家老、諏訪部遠江守定勝を城主と伝え、天神山城(長瀞町)、虎が丘城(長瀞町)、高松城(皆野町)、根小屋城(横瀬町)とともに武田勢に対する後北条家の備えとされました。1561(永禄4年)の文書と見なされる北条氏政書状では、日尾城はこの時、後北条方の南図書助によって攻略されたと記されているので、諏訪部氏の入城前にも存在したと思われます。
このように、日野城の日尾城説は、音声上の類似に拠っているものの、この地域に長尾景春にかかわる伝承は全くありません。
牛首峠から本末へ.JPG
(牛首峠から本丸へ)
本丸の高みに「日尾城址の碑」が立っています。二の丸、三の丸もあり、相当広い城域となっています。
日尾城址碑.JPG
(日尾城址の碑)
今日、日野城の日尾城説をとる研究者はほとんどいません。私たちを案内してくれた、小鹿野町の郷土史家高橋稔氏も、日尾城址周辺には、長尾景春にかかわる言い伝えが全くないので、長尾景春の日尾城築城を語ることはありませでした。



posted by otadoukan at 13:13| Comment(0) | 高松城址と日尾城址
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: