2017年01月01日

道灌紀行ニュース NO.4

大田道灌の新銅像が登場(越生町)                            
埼玉県越生町役場の玄関ロビーに、太田道灌の新しい銅像が登場しました。これは、第12体目の太田道灌銅像です。2016年12月5日朝8時30分より、越生町役場玄関ロビーにて、太田道灌銅像の除幕式がとり行われました。除幕式には、新井町長はじめ、町議会議長、観光協会長、教育長、埼玉県立越生高校の校長と美術科教諭、地元の代表などが出席しました。
この銅像は、従前より越生町の町長室に秘蔵されたいた、三枝惣太郎氏制作の小さな太田道灌像を原像とし、地元の埼玉県立越生高校美術科の六田教諭が制作したものです。80cm位の木製の台に立つこの銅像は、基盤の幅が110cmで、高さがあやい笠まで130cmであるので、やや小振りの太田道灌像です。
踏ん張る道灌像.JPG     
(弓矢をもって踏ん張る道灌像)
銅像2.JPG 
(若き日の道灌像・戸口訓男氏撮影)
この像は、弓を持った狩り姿であるものの、足を踏ん張り半身になって身構える、極めて躍動的な道灌像です。道灌像の表情はやや若く、その背後のガラスに山吹の里歴史公園の絵が焼き付けられています。したがってこの像は、道灌が若き日に、父道真のもとを訪れたときの情景をほうふつとさせる傑作です。越生町にまた観光名所が一か所増えて、めでたしめでたしというべきです。
ちなみに、原像の制作者である彫刻家の三枝惣太郎氏とは以下のような人です。
◆ 三 枝 惣 太 郎 【略 歴】
昭和9年 第15回帝展第三部彫刻部 初入選
昭和10年  東京芸術大学卒業
昭和16年  構造社会員となる
以来、帝展・文展・日展・新日展に連続出品(連続入選)
IMG_5883.JPG
(越生町役場町長室秘蔵の三枝惣太郎制作の太田道灌像の原像)
日展名古屋展中日賞受賞。
名古屋タイムス秀抜店 秀選展出品
紺綬褒章受賞
日展会友
日本美術家連盟会員
日本彫塑会会員
新構造社(絵画)会員
東海彫塑会会員
名古屋芸術大学美術学部名誉教授

追記
現在、東京国際フォーラムのガラスホール1階入り口で太田道灌銅像写真展(1月1日〜6日)が行われています。残念ながら、越生の道灌銅像写真は、今回間に合っていません。
また地下1階では、日本の城ギャラリーが行われています。1月6日13:30と15:30には、この場所に伊勢原甲冑隊が出撃しました。
IMG_7080.JPG
(東京国際フォーラムの太田道灌銅像写真展)
入城.JPG
(甲冑隊入城)
勝どき.JPG
(太田道灌の勝どき)
伊勢原甲冑隊.JPG
(伊勢原甲冑隊)
posted by otadoukan at 00:00| Comment(0) | 太田道灌展(紙上)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: