2017年04月26日

新宿の玉ちゃん

さて、東京都庁の近くの通称「三角ビル」こと新宿住友ビルデングの前の広場に黒猫の石像があります。台座の説明版に曰く、

  ひとにいのちあれば ねこにもいのちあり
  江戸の里をひらきし太田道灌
  この地の北でいくさに敗れ
  あわやいのちを失わん時
  一匹のねこあらわれにげ道をあんない
  いのちをとりとめ江戸を開いた
  なれどこのかくれた江戸の恩猫も
  ねこなるゆえに名ものこらぬはふびん
  江戸のいゝたま玉ちゃんと名づけ
  のちのちまでの江戸のまもりとす
        つくりびと  流 政之
         ねこの生まれ 文明狂年

IMG_3493.JPG 
(写真は新宿三角ビル前の黒猫玉ちゃん)
  
丸の内の旧都庁舎の前に立っていた太田道灌の銅像は、現在東京フォーラムの中に立ち江戸城を見つめています。私は、新都庁舎の前にも太田道灌の銅像が欲しいなあと残念がっていたら、都庁横の広場で黒猫の玉ちゃんに出会い慰められました。今もやはりひそかに黒猫が道灌を助けています。玉ちゃんが両手でしっかり抱いている大きな玉は、いったい何の玉なのでしょうか。
新宿住友ビル=東京都新宿区西新宿2―6―1

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: