2010年06月01日

平井城址・平井詰(金山)城址・山内上杉家の本城

東京から埼玉県の真ん中を横切るようにして、関越道あるいは一般道で約100キロも走ると埼玉県本庄市につきます。本庄市の国道17号線沿いに五十子(いかっこ)城址があり、そこから西へ約15キロ移動すると、群馬県藤岡市の西平井という上州の山裾につきます。金井という集落に山内上杉氏の本城であった平井城址とその詰め城であった金井城址があります。この両城は、永享の頃に関東管領上杉憲実の命を受けた、長尾忠房の縄張りで築城された見事な山城であり、現在藤岡市や地元の保存会が整備しています。
.JPG
(平井城址)
平井城址の土塁には林立する関東管領の旗が威勢よくはためいているものの、城址の真ん中の私有地にはなぜか豚小屋があります。
平井城址から500メートルほど離れた所に平井詰(金井)城址があります。この城山の上り口から本丸まで1000メートルあり、防衛のための急坂や堀切が随所にあるので高齢者は注意をしなければなりません。

RoR.JPG
(金山城址登山口)
027.JPG
(金山城址概念図)
この城は関東平野の北の端に位置しているので、五十子へ出陣するには好都合であったけれども、上杉氏が関東管領として関八州に睨みを利かすには適当ではなかったと思われます。太田道灌がこの城に来た記録は見えませんが、多分来たことがあると思います。なぜなら、道灌は、上杉顕定が関東管領として采配をふるうために平井城ではなく鉢形城へ入るよういろいろ気をつかったことが太田道灌状に見えるからです。この城は太田道灌と直接の関係はないけれども、上杉顕定の動きを理解するためには見ておく必要があるので訪れました。

両上杉氏は道灌謀殺後、同族同士の抗争を続けて勢力を消耗し続けました。時は流れて1546年(天文15年)、小田原を拠点にして北関東へ進出を図る後北条氏は、夜陰にまぎれて上杉氏の川越城を攻め落しました。この夜戦で足利晴氏は古河城(古河市)へ敗走し、山内上杉憲政は平井城へ落ち、扇谷上杉朝定(定正から4代目)は22才で討ち死し、川越城、岩槻城も後北条方に帰して上杉領は消滅しました。
{ (2).JPG033.JPG>
(本丸と下の避難小屋)
平井詰(金山)城址は中世の山城としてみごとな縄張りです。急峻な稜線を利用して帯郭、物見台、井戸郭などを持っているところは、北条氏照の武州八王子城に似ています。ここは山城愛好者が登ると相当喜ぶ所です。城址に稜線が数本あり、天候の悪い時は霧や雷で遭難の可能性があるためか、避難小屋が二か所にあります。
平井城址・平井詰(金山)城址は藤岡市指定史跡です。
平井城址・平井詰(金山)城址=埼玉県藤岡市西平井
posted by otadoukan at 17:50| Comment(0) | 道灌紀行は限りなく
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: