2012年04月13日

道灌ゆかりの三貫清水(196か所目)

JR高崎線の宮原駅から十分も歩くか、国道17号線大宮バイパスの奈良町で西へ入ると、埼玉県立大宮北高等学校があります。その学校のグラウンドの近くに「三貫清水(さんがんしみず)緑地」があります。
この緑地は南北に約350m、東西で約40m〜70mの雑木林で形成されており、その西側の低地に、三貫清水とよばれる、水深の浅い湧水池が2箇所あります。三貫清水のいわれは、池のほとりに立つさいたま市の説明板に記されています。その昔、太田道灌がこの辺りに狩りにきたとき、土地の人がこの清水を汲んで茶をたてて出したところ、道灌は「とてもうまい」といって三貫文(今でいうと50万円ほど)の褒美を与えたので、三貫文の値うちのある湧き水という意味で三貫清水という名前がついたということです。
三貫清水.JPG               
(三貫清水)
さいたま市説明板.JPG 
(さいたま市の説明板)
大宮北高校の南西、鴨川との間に広がる「三貫清水緑地」は、そうした道灌の伝承を裏付けるように、中央に復元された鎌倉街道が通り、草木五百種、鳥五十 種ほどが生息する、市民の貴重な「お宝空間」となっています。地元の「歩いて作る街絵図会」のカルタの中に「名水に道灌ポンと50万」という一枚があります。

埼玉県教育委員会の「歴史の道調査報告書 鎌倉街道上道」に次のように書かれています。
「大宮台地(三貫清水緑地)に沿い北上する街道は、奥州脇道とも羽根倉道とも称されている。上道と中道の中間に位置する本道は、大宮台地上の南北に広がる地域を繋ぐ道であるとともに上野に至る要路であったと推測される」
地図で見ると、この地は川越城と岩槻城のちょうど中間点です。道灌一行が移動の際に、ここで一服したことは、おおいにありうることであります。
鎌倉街道.JPG        
(三貫清水緑地の鎌倉街道)
説明イラスト板の一部.JPG
(マンガの説明板の一部)

三貫清水と類似の道灌伝承は、東京都杉並区や練馬区にもあります。1455年(康生元年)太田道灌は武蔵野で鷹狩りを催し、その帰途、高井戸付近で日が暮れました。空には仲秋の名月が浮んでいたので道灌は、そこで家臣とともに歌宴を開きました。そのとき、土地の者が手つきの団子を献上したところ、道灌は名月に配する団子の風流をよろこんでその滋味を賞賛し、以来、折りに触れてこれを所望しました。のちに土地の者は、高井戸の地に柳茶屋を開き、道灌団子と称してその製法を家伝としました。高井戸宿から内藤新宿、追分宿へと茶屋も移転して街道を行き交う人々に親しまれ、いつしか道灌団子は追分宿にちなみ、追分団子と呼ばれるようになったということです。
練馬区上石神井の愛宕山の近くに「祝儀山」という風変わりな名前でよばれる高台があります。この地の住民の伝承によると、道灌が石神井城攻めの戦勝後に、豊島攻めに協力した農民にご祝儀としてこの土地を与えたので、そのように呼ばれるようになったということです。祝儀山という高台は今、「祝儀山ちびっこ広場」として、子供たちの遊び場となっています。
このような道灌伝承があることは、道灌が民百姓にいたるまで論功行賞をきちんと行って、味方を増やしていったことを伝えています。それにしても、お茶一杯で50万円とは、太田道灌は相当に気前のよい武将であったようです。
三貫清水の歩道には、スイセンなどいろいろな花が咲き、歩く人々を楽しませています。地元の「三貫清水の会」が毎月一回、緑地の清掃活動などをしています。
三貫清水=埼玉県さいたま市北区奈良町52の11
posted by otadoukan at 07:38| Comment(9) | 道灌ゆかりの三貫清水
この記事へのコメント
道灌ゆかりの三貫清水(196か所目): 道灌紀行は限りなく
wzcvvjex http://www.gd3167q1rfhd4k47o2rw6392l9wrsx70s.org/
[url=http://www.gd3167q1rfhd4k47o2rw6392l9wrsx70s.org/]uwzcvvjex[/url]
<a href="http://www.gd3167q1rfhd4k47o2rw6392l9wrsx70s.org/">awzcvvjex</a>
Posted by wzcvvjex at 2014年12月11日 09:05
Posted by ワンピースニューゲーム at 2014年12月11日 10:46
Posted by 入学式 バッグ 濱野 at 2014年12月12日 13:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: