2023年07月10日

五十子(いかっこ)陣跡に説明板(道灌紀行ニュースNo.19)

享徳の乱の主戦場
1454年(享徳3年)関東で「享徳の乱」が起りました。1476年(文明8年)には、本庄市五十子で長尾景春の乱が勃発し、その抗争は一層複雑になりました。
利根川を境に、関東管領上杉氏と古河公方の対立抗争が約30年間つづきました。その中で、「都鄙の和睦」を目指す、太田道灌の活躍がひときわ光彩を放っていました。
本庄市では、毎年11月に「本庄まつり」が行われ、諏訪町の太田道灌の山車をはじめ10基の山車が、中山道の宿場町跡を練り歩きます。

32-8 太田道灌.JPG
 (本庄まつり・諏訪町・太田道灌の山車) 

享徳の乱の主戦場、五十子陣跡は、本庄市東五十子を貫く国道17号線で分断され、重要史跡としてはややさみしい風景でした。私はコロナ禍もあって、先日しばらくぶりで五十子陣跡を訪れたところ、陣跡の公園に、本庄市教育委員会の立派な説明板(令和3年3月)を発見し、大いに喜びました。
この説明板は、今、史跡内にある建物の陰になりやや人目に付きにくいところにあります。しかしそこには、五十子陣と享徳の乱のことが簡にして要を得て書かれ、貴重な資料の写しも添えてあるので、一見お勧めです。 

五十子陣城説明板.jpg
(本庄市教育委員会の説明板「五十子陣跡」)

『武蔵野鑑』(むさしのかがみ)の「五十子古城図」
説明板の記事を一部転記します。
「江戸時代に書かれた書物の『武蔵野鑑』には、塀や土塁を配置した本丸や、周辺の集落名等が描かれており、当時の五十子陣の様子を今に伝えています。五十子陣に関連する遺構は、これまでの調査によって、東五十子地区を中心に、小山川を挟んだ深谷市側も含む広範囲におよんでいたことが確認されています。」
説明板の五十子古城図を拡大します。これが現存する唯一の五十子古城図です。

五十子古城図.jpg
(五十子古城図)

この図では、本丸が小山川と女堀川にかこまれ、現在の状況と似ています。左下には蔵国寺があります。この寺の由緒には、1466年関東管領扇谷上杉顯房は当山にて陣中病死(32歳)す、とあります。また『松陰私語』(五十子の記)の執筆者松陰は、この寺で執筆をつづけ80余歳で没しました。
 またこの図の右下に、榛沢(はんざわ)という2文字があります。『太田道灌状』に度々出てくる榛沢御陣とは、この辺りでないかと思われます。
 かつてこの辺りには、扇谷上杉氏、山内上杉氏、岩松氏の軍勢が常駐し、兵士の生活を支える各種商人たちも多数住んでいました。
 説明板を見て、地勢をながめ、昔日の合戦を偲ぶことができます。

2023年03月14日

太田道真・自得軒跡で「井戸見つけた」

埼玉県越生町では毎年早春に、梅まつりが盛んにおこなわれます。梅林の向こうには、白加賀という梅の花が一面に広がっています。白い梅花一面の堀之内を行き過ぎて越辺川の「道灌橋」をわたるとそこは小杉という地で、太田道真の自得軒跡です。今はそこに建康寺がひっそりとしてあり、「太田道真退隠の地の碑」が建っています。
IMG_2277.JPG
(越生の白加賀)
IMG_2281.JPG
(道灌橋)
IMG_2272.JPG
(建康寺の太田道真退隠の地の碑)

建康寺の説明板に言う。
「(前略)文明18年(1486年)6月道灌は、友人万里集九を伴って、道真のもとを訪れた。万里の詩文集『梅花無尽蔵』には、その折に詠まれた次の七言絶句が収められている。
    稀郭公(ほととぎすまれなり)
 雖有千声尚合稀(喩え千声ありと雖も尚合うこと稀なり)
 況今一度隔枝飛(況や今一度枝を隔てて飛ぶをや)
 誰知残夏似初夏(誰か知らん残夏の初夏に似たるを)
 細雨山中聴未帰(細雨山中に聴いていまだかえらず)(後略)」

私は、地元の郷土史家の案内で、「太田道真退隠の地の碑」の横を通りすこし進みました。するとそこには、石垣で組んだみごとな井戸が少しも崩れずに残っていました。それは直径約60センチ深さ約160センチの空井戸です。大人が入ると首のあたりまでの深さです。そこは切り立った崖の下であるから、往時は水が滾々と沸いたいたと思われます。
すぐ近くに越辺川があるから、これは灌漑用の井戸ではないことは確かです。この地の小字は陣屋であるので、太田道真がこの井戸の水を飲んでいたことは間違いありません。
IMG_2274.JPG
(陣屋の空井戸)
現在、事情により、この土地の所有者の許可が得られないため、この井戸へのアクアセス方法が公開されていません。私は、地元の郷土史家の案内で見に行きましたが、気が急いていたためか井戸のそばで、竹の切り株に足を引っかけて、はげしく転倒してしまいました。転んだ時に竹の切り株のわずかのすき間に顔が入り、無事でした。太田道真の加護があったとしか思えません。
私はもう何十回も越生にきていますが、今回初めてこの井戸のことを知りました。これは貴重な文化財です。一刻も早く、この井戸の周辺整備と説明板の設置をして欲しいものです。

道灌橋の下の越辺川の川べりにも、井戸と同じようなしっかりした石垣が積まれていて、意味ありげです。これは初歩的な野面積でもなく、高度な切り石積でもなく、江戸時代の八徳の三吉の積石でもありません。道真が配下に命じて作らせたもののような気がします。
IMG_2279.JPG
(道灌橋の下、越辺川の石垣)
この辺りは、人工的な破壊が進んでいないので、とくに梅花の頃、まだ雑草が繁茂してないので、散歩をするといたるところに石碑や地形の特徴が目につき、中世の名残りであるような気がしてきます。

2022年11月08日

三宿神社に武者小路実篤の至言

東京都の渋谷駅で、東急田園都市線に乗り一つ目の駅が池尻大橋駅です。下車して池尻口から地上に出ます。駅名ですぐ地勢が想像されますが、今は都市化していてビルや高架が林立錯綜し、どこが池の尻やら、どこに大橋があるのやら見当もつきません。すこし東へ歩くとうまいぐあいに目黒川緑道が見つかります。そこで左折し、緑道をのんびり歩きます。緑道に沿って花畑や水辺がありコイなども泳いでいるので、まことに快適なウオーキングです。20分もいくと右手に三宿神社(みしゅくじんじゃ)が見えます。
目黒川緑地.JPG
(目黒川緑道)
この地には、文明年間(1469年〜1486年)に吉良氏の世田谷城の出城がありました。その後、多聞寺ができ毘沙門天がまつられましたが、明治の廃仏毀釈運動で毘沙門天は外来の神なので禁じられました。三宿村の村人は、役人の前で祭神申請書の毘沙門天を線引きで消し、「大物主命(おおものぬしのみこと)」と書いたので書類はパスしました。かくて1885年(明治18年)に三宿村の鎮守として三宿神社が建立され新しい神様がむかえられました。
今はここに、倉稲魂命が祀られ、なぜか依然として毘沙門天もまします。となりには稲荷社もあります。このあたりは都心なので、神様が共同住宅にいても違和感はなくかえって親近感があります。
三宿神社鳥居.JPG
(三宿神社と毘沙門天碑)
ちなみに毘沙門天とは、仏法守護四天王の一尊で、人に利益をもたらす神です。この神を信じた上杉謙信の旗印は「毘」です。
三宿神社.JPG
(三宿神社)
神社の神楽殿の向かいには、1956年(昭和31年)に、太田道灌の江戸築城500年を記念して、地元の有志が建立した江戸城の城石の碑があります。その碑に、武者小路実篤の筆跡で次のように彫られています。
「過去五百年之進歩道灌不知
 未来五百年之進歩我等不知  
 石又沈黙 
      太田道灌築城五百年
 武者小路実篤書 印」
 武者小路碑.JPG
  (武者小路実篤書の碑)
ここには、文明年間に太田道灌と親しかった吉良氏の世田谷城の出城であったので、太田道灌とは有縁です。しかしなぜ武者小路がここに登場してこのような至言をしたためたのか、いまのところわかりません。
それにしても、武者小路の至言を、このように境内の片隅に置くことには納得がいきません。神様の仲間入りとまではいかないまでも、もっといい位置に設置して説明板などもほしいものです。

posted by 道灌紀行 at 14:31| Comment(0) | 下総の八幡と天神