2021年06月02日

変貌する妙義神社(道灌紀行ニュースNo.18)

 道灌の出陣連歌ゆかりの地
 太田道灌有縁の妙義神社が再建されたと聞いて、久しぶりに行ってみました。
東京都のJR山手線駒込駅前に「染井吉野桜発祥の地・駒込」の碑があります。そこから信号を渡り、妙義坂を下ります。坂の途中で左側に案内の標柱があり、小路を入ると妙義神社があります。参道も社殿も、「あっ」と驚くほど変貌しています。昔は鳥居の横に山吹の花が咲いていましたが今は、ビルの入口のような白い石でできた広い参道です。
妙義神社案内標柱.JPG   
(案内の標柱)   
妙義神社参道.JPG
(妙義神社鳥居)
 豊島区教育委員会の元の説明板によると、当社は、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征のとき、この地に陣営を敷いたと伝えられる豊島区内最古の神社です。社伝によると、1471年(文明3年)5月、古河公方足利成氏が葛西(東京都葛飾区)へ攻め込み、上杉方は鎌倉まで後退しました。6月には太田軍と長尾軍が反撃して古河城を攻略したので、成氏は千葉へ敗走しました。このとき出陣を前にした太田道灌は当社に参詣し、神馬、宝剣を捧げて戦勝を祈願しました。その際、道灌と股肱(ここう)の臣樋口兼信は、次のように出陣連歌を詠みました。
  雲払う此の神垣の風の音  道灌
  草をも木をも吹きしほり行 兼信
 この年道灌は凱旋し、社領として十五貫文の地を当社に寄進しました。つづいて道灌は、1477年(文明9年)の豊島兄弟との戦いの際に、さらに1479年(文明11年)の千葉孝胤との戦いの際にも当社で戦勝を祈願しました。

 新しい社殿はほぼ完成し、武人の信仰にふさわしい凛々しい雰囲気を醸し出しています。そして右側に太田道灌ゆかりの小社が鎮座しています。もろもろの説明板等は、まだ設置されていません。
妙義神社本殿.JPG      
(妙義神社本殿)  
勝宮軍.JPG
(「勝軍宮」の額)    
太田道灌の社.JPG
(太田道灌の社)
当社は、「戦勝(かちいくさ)の宮」として信仰を集め「太田道灌ゆかりの勝守り」を授与しています。今も境内の柵には、多くの願文が結ばれています。

残念ながら、昔あった鎮守の杜と広場は社殿の増築でなくなりました。社殿の周囲はまだ工事の途中ですが、ふと見ると隣接するところにキリスト教の建物があります。東洋の神と西洋の神が相並んで、新時代を迎えることになりました。

2021年02月09日

迷子の玉ちゃんを発見(道灌紀行ニュースNo.17)

東京都庁近くの新宿住友三角ビルの周辺広場は先ごろ整備されて、屋根付きガラス張りの立派な「三角広場」というイベント会場になりました。
maigo_tama01.jpg
(新宿住友ビル・三角広場入口)
 かつての三角広場に立っていた、太田道灌ゆかりの黒猫玉ちゃんは、工事期間中に行方不明となり、愛好家を悩ませました。私は先日、三角広場の内外を歩き回り、ようやく迷子の玉ちゃんを発見しました。
今、黒猫玉ちゃんは、三角広場東のサービスセンター脇に、相変わらずしっかりと玉を抱いて、立っています。ここはやはり、待ち合わせ場所として格好です。今度はガラスホールの中ですから、風雨の日でも大丈夫です。
maigo_tama02.jpg
(三角広場東・サービスセンター脇に玉ちゃん)
maigo_tama03.jpg
(玉を抱いた黒猫玉ちゃん)

maigo_tama04.jpg
(台座の説明板)
 説明板に云う。
「 ひとにいのちあれば ねこにもいのちあり
  江戸の里をひらきし太田道灌
  この地の北でいくさに敗れ
  あわやいのちを失わん時
  一匹のねこあらわれにげ道をあんない
  いのちをとりとめ江戸を開いた
  なれどこのかくれた江戸の恩猫も
  ねこなるゆえに名ものこらぬはふびん
  江戸のいいたま玉ちゃんと名づけ
  のちのちまでの江戸のまもりとす
         つくりびと  流 政之
         ねこの生まれ 文明狂年」
この猫は自性院の黒猫たまちゃんで、その由来を思い出すと、次のようです。
都営地下鉄大江戸線の落合南長崎駅で下車し、新青梅街道を三分も歩くと、小判を持った大きな招き猫のある門柱に気づきます。そこを左折すると通称猫寺こと西光山無量寺自性院です。赤い山門のそばに立派な猫地蔵堂があります。
1477年(文明9年)の江古田が原の戦いの際に、日暮れて道に迷った太田道灌の前に、一匹の黒猫が現れて一行を自性院へ案内しました。道灌はそこで一夜を過ごすことができたため、戦に勝利したということです。
tama-06.jpg
  (以前の新宿三角ビル前広場の黒猫玉ちゃん)
玉ちゃんの石像を作った流政之(ながれまさゆき)氏は、高松市庵治で創作をつづける異色の彫刻家です。玉ちゃんが両手でしっかり抱いている大きないい玉は、いったい何の玉なのでしょうか。
maigo_tama06.jpg
(三角広場西のコーヒーショップ)

2020年12月22日

太田道灌銅像の除幕式(道灌紀行ニュースNO.16)

2020年12月21日((月)埼玉県のJR八高線越生駅の西口で「道灌おもてなしプラザ」の竣工式と太田道灌銅像の除幕式がとり行われました。新井雄啓越生町長の挨拶、NPO法人太田道灌顕彰会の太田資暁理事長のスピーチなどの後、テープカットと除幕が行われました。
IMG_0801.JPG

IMG_0817.JPG
(文武両道の太田道灌銅像)
今回除幕された銅像は、1975年(昭和50年)4代目慶事丹長(けいじたんちょう)が制作した銅像です。神奈川県伊勢原市役所前に立つ「太田道灌公銅像」と同じ鋳型で造られた双子の兄弟像の一方です。この銅像は長い年月の間、日の目を見ずに埋もれていましたが今回、晴天温暖無風の冬至の日に堂々と、越生駅前広場に登場しました。台座正面には、新井越生町長の揮毫による「文武両道」の文字が刻まれています。この銅像は今後「文武両道」の道灌像と呼ばれることでありましょう。
この銅像は、駅舎から出てくる人たちを迎えるため、西を向いています。夕日に照らされると、覇気あふれる道灌の表情には、苦労人の自信と余裕がにじんでいて、訪れる人々や通学の子供たちをさりげなく勇気づけてくれます。
IMG_0803.JPG
(台座に「文武両道」)
IMG_0785.JPG
(竣工式)
今回の竣工式と除幕式にちなみ越生駅の西口は「道灌口」と呼ばれ、東口は「山吹の里歴史公園」にちなみ「山吹口」呼ばれることになり、さらに駅前の休憩広場には「道灌パーク」と命名されました。またこの日、「太田道灌の里」という、詩吟入りの新しい歌も披露されました。
今回の竣工式と除幕式はコロナ禍の中で人数を制限して行われたものの、各地の道灌まつりや道灌ウォーキングが全面的に中止になった今年、唯一つの記念すべき道灌イべントとなりました。また越生町では、龍穏寺の山吹の枝を持つ太田道灌像、役場玄関ロビーの躍動する太田道灌像につぎ三つ目の太田道灌像となりました。
伊勢原市太田道灌銅像.JPG
(伊勢原市役所前の太田道灌銅像)