2020年01月07日

狭山の天女稲荷・道灌有縁

私が住んでいる東大和市の尾ア市長は、郷土史による町おこしに熱心です。先日市長に会い、郷土史の情報を提供した際、市長は自らのスマホの画面を開いて、地元の多摩湖近くにある道灌有縁の天女稲荷を教えてくれました。
西武新宿線あるいは西武池袋線で西へ向かい、所沢で乗り換えると西武球場にきます。西武球場の正面に、西武球団が必勝祈願をする狭山山不動寺があり、その入り口に例の「太田道灌御神木」があります。
不動寺に向かって左折してちょっと坂を登ると山口観音があります。ここは狭山33所の一番です。山口観音の境内は広く、あちこちに拝むところがたくさんあり、弘法大師の銅像や新田義貞公の霊馬もあり迷います。
新田義貞公霊馬.jpg
(新田義貞公の霊馬)
『狭山の栞』という地元の地誌の山口村の項に言う、「往古太田左衛門佐道灌、文明十八年、讒者のために相州粕谷の舘に亡ぼされ、家臣日暮里玄蕃(にっぽりげんば)当地に移住せしが、後豊島郡に移り彼の地を日暮の里(ひぐらしのさと)と云いこの地を日暮里(にっぽり)と言いしを何時のころよりから新堀(にっぽり)といい傳ふ」。
境内左方の中腹に天女稲荷という小社があります。「狭山の栞」の山口観音の項にいう、「天女稲荷は日暮里玄蕃の勧請にして当山の鎮守とす。元は太田道灌所持の霊像なりといふ」。
天女稲荷の小社.JPG
(天女稲荷の小社)
天女稲荷説明板.JPG
(天女稲荷の説明板)
天女稲荷の説明板にいう、「太田道灌の家臣により奉納され、五穀豊穣・万民豊楽を祈念す。農業・衣料・水に関わる商人に霊験あらたか」。御開扉していないので、残念ながら天女稲荷を拝見するとてはできません。
首都圏に太田道灌有縁の稲荷社はたくさんあります。もっとも有名なのは、千代田区の太田姫稲荷神社です。道灌は娘の病気平癒のため京都山城の国の一口(いもあらい)稲荷に代人を送って祈願し、病気平癒後に稲荷を江戸城の鬼門(東北)に勧請しました。日暮里玄蕃はおそらくこの稲荷を勧請したのでしょう。なぜなら「姫」と「天女」はイメージが通じます。
山口観音に天女稲荷を勧請した、道灌の家臣日暮里玄蕃という人物については、今後の研究課題です。
「狭山の栞」は1939年(昭和14年)杉本林志により刊行された地誌です。
【狭山の天女稲荷・道灌有縁の最新記事】
posted by 道灌紀行 at 20:47| Comment(0) | 狭山の天女稲荷・道灌有縁

狭山の天女稲荷・道灌有縁

私が住んでいる東大和市の尾ア市長は、郷土史による町おこしに熱心です。先日市長に会い、郷土史の情報を提供した際、市長は自らのスマホの画面を開いて、地元の多摩湖近くにある道灌有縁の天女稲荷を教えてくれました。
西武新宿線あるいは西武池袋線で西へ向かい、所沢で乗り換えると西武球場にきます。西武球場の正面に、西武球団が必勝祈願をする狭山山不動寺があり、その入り口に例の「太田道灌御神木」があります。
不動寺に向かって左折してちょっと坂を登ると山口観音があります。ここは狭山33所の一番です。山口観音の境内は広く、あちこちに拝むところがたくさんあり、弘法大師の銅像や新田義貞公の霊馬もあり迷います。
新田義貞公霊馬.jpg
(新田義貞公の霊馬)
『狭山の栞』という地元の地誌の山口村の項に言う、「往古太田左衛門佐道灌、文明十八年、讒者のために相州粕谷の舘に亡ぼされ、家臣日暮里玄蕃(にっぽりげんば)当地に移住せしが、後豊島郡に移り彼の地を日暮の里(ひぐらしのさと)と云いこの地を日暮里(にっぽり)と言いしを何時のころよりから新堀(にっぽり)といい傳ふ」。
境内左方の中腹に天女稲荷という小社があります。「狭山の栞」の山口観音の項にいう、「天女稲荷は日暮里玄蕃の勧請にして当山の鎮守とす。元は太田道灌所持の霊像なりといふ」。
天女稲荷の小社.JPG
(天女稲荷の小社)
天女稲荷説明板.JPG
(天女稲荷の説明板)
天女稲荷の説明板にいう、「太田道灌の家臣により奉納され、五穀豊穣・万民豊楽を祈念す。農業・衣料・水に関わる商人に霊験あらたか」。御開扉していないので、残念ながら天女稲荷を拝見するとてはできません。
首都圏に太田道灌有縁の稲荷社はたくさんあります。もっとも有名なのは、千代田区の太田姫稲荷神社です。道灌は娘の病気平癒のため京都山城の国の一口(いもあらい)稲荷に代人を送って祈願し、病気平癒後に稲荷を江戸城の鬼門(東北)に勧請しました。日暮里玄蕃はおそらくこの稲荷を勧請したのでしょう。なぜなら「姫」と「天女」はイメージが通じます。
山口観音に天女稲荷を勧請した、道灌の家臣日暮里玄蕃という人物については、今後の研究課題です。
「狭山の栞」は1939年(昭和14年)杉本林志により刊行された地誌です。
posted by 道灌紀行 at 20:47| Comment(0) | 狭山の天女稲荷・道灌有縁

2019年11月03日

道灌紀行ニュースNO.15 あらかわと太田道灌(企画展)

2019年11月2日(土)東京都荒川区の荒川ふるさと文化館で、荒川区と荒川区教育委員会主催の企画展「あらかわと太田道灌」がオープンしました。
JR山手線の日暮里駅から常磐線で二つ目が南千住(みなみせんじゅ)です。駅の西口から出ると、俳聖松尾芭蕉の矢立初めの銅像が迎えてくれます。1689年(元禄2年)芭蕉はここから奥の細道の旅に出発しました。
         行はるや鳥啼うおの目ハ泪  
IMG_0003.JPG
(南千住駅前の松尾芭蕉像)
駅ロータリーから、コミュニティバスさくらの左回りに乗ると二つ目が、荒川ふるさと文化館です。
IMG_0006.JPG
(荒川ふるさと文化館の入り口)
企画展「あらかわと太田道灌」の内容は、
「序.道灌の肖像、
1.道灌の時代、
2.あらかわに息づく道灌」
の三つのエリアに分かれています。
荒川区には、道灌山、本行寺、山吹の里、石浜神社、道灌の歌友木戸孝範、万里集九有縁の地などの道灌史跡、伝承地とともに、回天一枝の道灌像、山吹の女の像など見どころがたくさんあります。したがって、この地特有の展示物や写真が多数展示されていて見ごたえがあります。私は、地元の大行寺の道灌の鰐口を、はじめて拝見し、長年の願いが叶い大いに喜びました。
IMG_0016.JPG
(大行寺の鰐口・図録より)

入場料が100円で、立派な企画展図録が500円以下という破格のサービスも特筆すべきです。講演会も行われます。
この企画展「あらかわと太田道灌」は12月1日(日)まで開催されていますので、ご来館をお勧めします。
IMG_0014.JPG
(企画展と道灌まつりのチラシ

追記
11月9日(土)には、JR日暮里駅前で昨年に続き「日暮里道灌まつり」が開かれ、道灌ゆかりの地域の店舗による物販とPR、ステージイベントなどがにぎやかに行われました。
IMG_0030.JPG
(伊勢原市の手作り甲冑隊と武蔵村山市の武士団村山党の共同パフォーマンス)

追記2
荒川ふるさと文化館から、町屋駅に移動すると、山吹伝説の地が2か所あります。
町屋駅近くの臨済宗の寺泊船軒の境内に「山吹の塚」があり、近くの落慶碑の碑文にここは「三河島山吹の里」だと記されています。
山吹の塚.JPG
(泊船軒の山吹の塚)
落慶碑.JPG
(落慶碑)

また、町屋駅から5分も歩くと荒川6丁目に、花の木児童遊園があり説明板に、山吹の女はここで太田道灌に山吹の花を渡した、と記されています。
児童遊園.JPG
(花ノ木児童遊園)
花ノ木児童遊園.JPG
(児童遊園の説明板)